今回も天気が良くなること祈りながら、岡山県真庭市の蒜山高原へと向かいました。
午前中は曇り、昼頃より晴れとの天気予報を信じながら、一路蒜山インターへ。
 
途中の大山は頂上付近がガスの中、青空もちらほら見えてはいたのですが、
到着するまでは不安でした。
 
昨夜はおそらく雨、蒜山特有の濡れてすべり安い登山道も心配のタネでした。
 
朝はいつものように天気予報を調べてからの出発だったので、時間も遅れ
登山開始はいつもより遅く10時すぎになりました。
 
 
 
    下蒜山の犬挟峠の登山道入り口。風もなく穏やかでしたが薄く曇りの空。
    他に車はなく登山者はわたしたちだけのようでした。
e324d3e6.jpg

 
 
 
     頂上までの時間 1時間40分の標識。
809b8c79.jpg

 
 
 
           しばらくすると階段状の鎖場になります。
3265f33e.jpg

 
 
 
    少し遊ばせてくれる道にも出会いますが、この先から急登になります。
a5d1e64f.jpg

 
 
 
          濡れているため滑りやすい、急勾配の鎖場。
aecaf17f.jpg

 
 
 
          急登を登りきると、この道が5合目へ続きます。
          まずは一呼吸つける道ですね。
0cc84f77.jpg

 
 
 
          ここから視界が開け、雲居平が見えてきます。
c851af18.jpg

 
 
 
     まだ、天気は快晴とはならず、9合目の峠はガスの中でした。
     下蒜山の頂上は、ガスがかかっているところより、さらに奥になります。
d018f242.jpg

 
 
 
     雲居平から9合目を見ましたが、まだガスがかかっています。
7aa5830d.jpg

 
 
 
     雲居平からの眺め。
f3fcdf19.jpg

 
 
 
     雲居平から7合、8合の稜線
3059acd9.jpg

 
 
 
7合目に到着するころにはガスが消え、青空も
           見えるようになりました。ここら9合目までが
           九十九折に急登します。
8d64d367.jpg

 
 
 
     9合目に向かう途中で、雲居平方向を見る。雲居平からこちら方向の
     登山者を見ると「あんなところを登るのか」とはじめての人は驚かれると
     思います。
44a8e912.jpg

 
 
 
     この先から岩場も出てきます。
80c68dd2.jpg

 
 
     さらに高度を上げて、雲居平方向を見る。
6318715d.jpg

 
 
 
     岩場を登りきると9合目の標識。前方が下蒜山頂上です。
     さらに、もうひと登りします。
12a7b929.jpg

 
 
 
     下蒜山山頂の標識。(1100m) 快晴にはなりませんでしたが、
     涼しい風で快適に登頂、しかし汗もしっかりかきました。
     ここまでは休憩も含め1時間45分でした。
67063336.jpg

 
 
 
     遠方には雲もあり、また回りに薄いガスもかかっていますが、雨も
     降らずに、ここまで快適な登山ができました。中蒜と上蒜の姿です。
18139d4f.jpg

 
 
 
下蒜山の頂上には、全く人影も見えずわたしたちだけでした。
登山開始直後に真新しい靴跡があり、先行者がいると思ったのですが
時間が早かったのでしょうか、人の姿は見えませんでした。
 
下蒜山までは順調に山行ができ、中蒜山への縦走も期待ができました。
昼食はここでとり、一休みしてからの出発です。
 
次回は中蒜山までの記録をおおくりします。