きょうの空模様は曇り、まだ雨は降りそうにありませんが、来週からは
天気の変わり具合もあり、遠出をせず近くの里山を歩いて運動をしてきました。

車で15分ほどのところにある里山です。
190707和久羅山


駐車場には、すでに車が二台駐車していました。
DSCN8280


ここから登山道に入ります。杖が備え付けてあります。登山道自体が整備されて
ここの山を管理される方々の努力がよくわかる山です。
DSCN8281


この分岐の傍の斜面に、ヤブカンゾウが咲いていました。
DSCN8299


生憎の曇り空のせいで、樹林帯の中は暗く少し憂鬱、山を歩くときは青空が~と
思うのですが自然相手、贅沢は言えません(笑)
DSCN8283


竹林を抜けて行きます。京都嵐山にある天龍寺脇の「竹林の小径」もいいですが
それに負けるとも劣らないここの自然の竹林もいいですよ!!
当地には、こういった竹林が多くあります。タケノコの産地でもあるので・・
DSCN8284


低山でも、ときにはこういうロープを使う場所もあります。低山の里山は
以外にも上り下りの高低差があり、息のきれる登りが多くあります( ;∀;)
DSCN8285


なぜ、こんな注意書きが必要なんでしょうか。嘆かわしいことですね。
山に咲く花を根ごと持って帰ってしまう人がいるから、こういう注意書きが
必要になるなんて、ほんと嘆かわしいことです。
DSCN8286
山野草には今、絶滅危惧種に登録されている花も沢山あります。
そんな花をもって帰るという心理は自分だけはいいという
身勝手なことに他ならないのではないでしょうか。

そのような花を持って帰る前に、”テメーが捨てたゴミぐらい
持って帰れ” と言いたいです。マナーの悪い登山者がいるのも
事実ですね♪


さあ、いよいよ最後の登りになりました(;^_^A
DSCN8287


山頂に到着! 262mの里山ですが、約45分ほどの登りに心地よい汗を掻きました。
DSCN8289
山頂には人影が見えず、おそらく隣の嵩山まで縦走しているのだろうと思いました。

我々はここで行動食でも思ったのですが、まずはササユリは???と
はじめ探してみたのですが目に入らず、もう終わったかな?と思っていたところ
なんと一輪が待っていたかのように我々に顔を向けていたのです。

それがこれです^^/  確かに少し弱った感じはしてましたが、十分に清楚な姿を
見せてもらいましたね^^
DSCN8290


そして三角点に・・・
DSCN8293


すこし木々が邪魔して視界はよくないですが、中海に浮かぶ大根島が見えてました。
この大根島は武蔵坊弁慶の出生地とされています。
DSCN8294


そして、こちらが我が町と宍道湖の風景、遠く霞んでいる山は出雲北山と言い
出雲大社がある方向になります。
DSCN8296
この山頂で行動食を摂る予定にしていたのですが、やはり時期ですね。
とにかくヤブ蚊が多く、わたしは蚊には弱いため、長そでを着ても刺される始末、
早々と下山したのでしたぁ~😢