皐月の空に輝く新緑も、日ごと濃くなる季節。
 
さわやかな風が水面を駆けるめぐり、あらたな鋭気をもたらしてくれるのも今の季節だろう。
 
dc46599c.jpg

 
水は、人との関わりの中で大切な役目を果たしてきた。
 
人は、水との関わりを古代から求め、それは過去も現在も、そして未来も変わらない。
 
 
 
 
先人には、あえて生活の一部として水との関わりを求めたものもいた。
 
9b511b1d.jpg

 
 
 
 
 
    志賀直哉・・・ひと夏をこの地ですごし「濠端の住まい」を執筆。
 
fe23f45b.jpg

 
 
 
 
 
    ・・・・ そして、芥川龍之介は「松江印象記」を執筆し、水と人との関わりを書いた。
 
b3d5928a.jpg

 
 
 
 
 
二人が体験し感じていたであろう景色は、いまも濃い緑に囲まれ、さわやかな風の通り道となっている。
 
86815e91.jpg

 
 
しかし、その住まいはもうない。 それでもこの町の人々にとって、水は欠かせないものであり、
 
生活の一部として未来まで続くことを、この文豪たちは願っていた。
 
その意志をどのように引き継ぐか、現代の人々は考えていかなければならないだろう。
 
 
 
きょうは、千葉県少年少女オーケストラによる新日本紀行のテーマ曲。
 
すばらしい演奏に驚きです♪