暑いときの山登りをどこにするか、いつも迷いますね。
 
ユートピアのお花畑はすこし早いのではないか、でも涼しく登れる山は
 
蒜山か、比婆山か、または三瓶山か、などと考えるのも楽しいひと時です。
 
すべて1000m以上の山なのですが、結局過去の記録の中から昨年7/22に
 
登った矢筈ケ山を見つけ、本日もそこへ行くことになったのです。
 
 
偉そうにたくさんある山の中から、やっと見つけた山のように書いてますが
 
1~2分で決定するぐらいですから、わたしたちが登れる山はわずかなものだと
 
知れていますね。~~/
 
 
ただ、大山周辺に到着すると、駐車場には車が満杯。
 
過去にこんなに車が多くあった記憶がなかっただけに驚きでした。
 
やはり、人気の山だと再確認した次第です。
 
 
でも、わたしたちが登る山は周辺の山でも少しマイナーな山かな?と
 
思えるところですが、それでも狭い駐車場も満車になっており、路上駐車に
 
近い駐車を余儀なくされました。 ただし駐禁の標識はないので安心でした。
 
 
 
 
  標高700mほどのところにある川床の登山口。 道路を右に横断します。
7cd15e32.jpg

 
 
 
 
  ぶな林の中を歩きます。
eaa25df9.jpg

 
 
 
 
  大休峠の避難小屋。 避難小屋はわたしの後ろにあり映っていません。
1e8c8146.jpg

 
 
 
 
  じつは避難小屋から急登を登り、矢筈ケ山への尾根道を写してます。
  急登のところではシャッターを押す余裕がありませんでした。(笑)
  ここはわたしたちが感じるままに「アジサイロード」と名づけている道です。
  アジサイも少し時期がすぎている気がしました。
f097ddc3.jpg

 
 
 
  頂上についたときには狭い山頂に多くの登山者がいましたが、みなさん
  下山後に写した山頂です。 高校登山部のパーティーもいて賑やかでしたが。
210b71fc.jpg

 
 
  
  小矢筈。きょうは船上山から甲ケ山、そして小矢筈への縦走をしている人が
  いました。
ef060c1e.jpg

 
 
 
 
  こちらが甲ケ山(1338m)。 それでもきょうははっきりと見えてました。
29210717.jpg

 
 
 
  
  矢筈ケ山から南側に見える烏ケ山。烏が翼を広げているように見えます。
89f41498.jpg

 
 
 
 
  雲を被った大山の東壁。
73827903.jpg

 
 
 
 
  矢筈ケ山からの下山途中に見える、大山ユートピア方向。
b6b3afd1.jpg

 
 
 
山の画像はこれで終わりですが、花をもう少し期待していたのですが
 
いまはハザカイキなのでしょうか、花の種類も多くなく目についたものだけを
 
アップして見ました。
 
ユートピアのお花畑も、もう少しあとのようですのが本日は三枚ほどの
 
画像をアップいたします。
 
 
  ヤマアジサイ
bdaabafb.jpg

 
  
 
   ヤマジノホトトギス
13d6c6ea.jpg

 
 
 
 
   ノリウツギ
  
7ffd4f93.jpg